森川健人 『CISCO』
5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef 5aa8d19c122a7d75140005ef

森川健人 『CISCO』

3,000 JPY

About shipping cost

The Works of Kento Morikawa -10 San Francisco 2018年3月25日発売/SanSanStudio/¥3,000/W170×H290mm/上製本/86ページ/モノクロ96点/限定200冊 "CISCO" March. 25. 2018 on sale SanSanStudio / ¥3,000 /W170×H290mm/Hard Cover/ 86pages/B&W 96images/ ISBN978-4-908725-04-3/ Edition of 200 ※2017年サンフランシスコの路上で撮影。写真集刊行シリーズSanSanStudioPublications10作目。 全く進歩がないと云うか、結局同じようないろいろな出来事を繰り返しているようにも感じました。 その進歩のなさを忘れていた21年前のサンフランシスコの一人旅で書いた3ヶ月日記によって思い知ることができ、読み終わった時、 なぜかホッとしました。と同時に保留にしたままの案件を抱えているような気になりました。 2017年の冬、このサンフランシスコ一人旅をまた思いつきました。気分はおじさんの修学旅行。当日は西成からバスで伊丹空港まで向かいました。 乗り継ぎ乗り継ぎして、やっとチャイナタウン近くのノースビーチと云うイタリア人街の宿に到着。早速、はぐれた記憶をたぐり寄せ、自分の目と足で 確かめるように街中をぐるぐるまわり、坂を登りきると海が見え、下っていくと海に近づきました。頭で考えているうちはおもしろくありません。 ふと、どこを歩いているのか分らなくなった時、謎の方向音痴感覚とともに、思いもよらなかった方向へのびていく…衝動的に動いている時は調子が良く、 この撮影中、僕はとにかくシスコの路上にいるだけで、やっぱりワクワクしてあの時のようにドキドキしていました。 西成に戻ってきて暗室中にフィルムやプリントを何度も眺めたり、生活をしていく毎日で、後まわしにした「あれやこれ」について思いを巡らせます。 これまで自分なりにもがいたり、転んだりしたつもりの20年間が行き着いたところはスタート地点みたいで、笑いが込み上げてきたように感じました。 そう思えるまでには、ずいぶんと時間がかかったなあ。(「あとがき」より)